常設展示・作家

  • light 3d sculpture

ライト3Dスカルプチャー

光ファイバーが内蔵されたピンが本体内部のLEDで押し出された時だけ点灯。光の点で顔や手が立体的に浮かび上がる体感型のオブジェ。

印デザイン

池内昭仁・石井保幸・中山達也の3人からなるプロダクトデザインユニット。
「光」をテーマにアート/デザインイベントで五感を刺激する作品を発表。
これまで多数の国内・海外イベントに参加。プロダクトデザインからアート作品まで手がける。
→webサイト

1977年11月 長野県大岡村(現・長野市大岡)生まれ。1998年、桑沢デザイン研究所プロダクトデザイン科卒業。同年、プロダクトデザイン事務所  株式会社holonにてプロダクトデザイナーとして勤務。YAMAHA 小型デスクトップスピーカー「NX-A01」にてグッドデザイン賞を受賞。2003年、桑沢時代の級友、石井保幸とデザインユニット「印デザイン」を設 立。

1977年11月 東京都世田谷区生まれ。1998年、桑沢デザイン研究所プロダクトデザイン科卒業。同年、株式会社エレコム入社後、「dimpgelシ リーズ」でグッドデザイン賞を受賞。同社退社後デザインユニット「印デザイン」を立ち上げ活動中、現在明星大学造形芸術学科プロダクトデザインコース非常 勤講師。

1988年11月 埼玉県所沢市生まれ。2008年、育英工業高等専門学校 デザイン工学科、インテリアコース卒業。同年、桑沢デザイン研究所プロダクト デザイン科2年次編入。2011年、桑沢デザイン研究所プロダクトデザイン科卒業。同年、印デザイン入社。

「SF映画の“驚き”を現実の世界へ。」
現在のCG技術(SF映画やアクション映画)はとても魅力を感じ、感動を覚えます。
そして、リアルでスタイリッシュな映像表現は今日も常に進歩していきます。
最近では特殊な眼鏡をかけて観る3D映画上映され、家庭用テレビにも商品化されはじめました。
このように、現実離れした世界感をかんたんに体験できるようになり、エンターテインメントとして成熟しつつあります。
印デザインはこの不思議な世界を誰にでも簡単に楽しく実感してもらいたいと思いできるだけシンプルな構造で
「あっ!」と驚くような体験型のオブジェを考えました。