常設展示・作家

アースガーデン
movie/宮部一通

アースガーデン

一面の白玉石が敷き詰められた床に、架空の架構体が落とす影の映像が投影されています。古来、影は目には見えない異界がこの世との境界にその片鱗を見せるものとして表現されてきました。床面は時に水面となり、異界との境界面となります。
この場所の緯度(北緯38.657度)・経度(東経140.871度)での太陽の動きとともに変化していく影の映像と、春・夏・秋・冬をイメージさせるような音を重ねて四季を通じた時間の経過を表現するサウンドから、今この空間と同時に存在する目には見えない架空の世界の時間と空間の時空旅行を楽しんでください。

奥村理絵 http://www.rieokumura-studio.com

アースガーデン Earth Garden 「Shadow Rays 2013」
ハードウェアとしての建築にとどまらず、多角的な視点から「空間」を作り出すこと を試みる。

東京芸術大学美術学部建築科卒業、同大学大学院修士課程、博士課程修了 博士(美術) オクムラリエスタジオ一級建築士事務所主宰

1995  富山県立山博物館まんだら遊苑 四禅映像製作 / 仏教の宇宙像に存在する4つの禅の世界・空間を映像イメージにより表現
1998-99  Shadow Oriented Architecture シリーズ / 影の図像とその変化から空間を構築するプロジェクト (博士研究作品、論文)
2003  託児所ちびのミイ / 湾曲した壁の内側にうつる太陽の動きに伴って変化する影から、季節や時間の移り変わりを感じ取ることができる託児所を設計
2011  Shadow Rays in MINEYAMA / 常陸太田市立峯山中学校にて透明な影をつくるワークショップ講師をつとめる
2012  Shadow Rays in MINEYAMA / 茨城県近代美術館アートフォーラムコーナーにおいて透明な影を体験するインスタレーション展示
他、突出した魅力を持ちながら、時を経ても色あせないデザインを目指して住宅の設計やリノベーションデザイン等、建築設計の仕事を多数手がける。

 

 


宮木朝子

http://www.te-pito-records.com/

奄美大島の聖地におけるフィールドレコーディング、サウンドインスタレーションをおこなうなど、記憶の宿る場・空間との関係から音楽音響創作を展開。 立体音響のリアルタイムコントロールによるライブなどをおこなう。
桐朋学園大学音楽学部作曲専攻、同大学研究科卒業。フランス国営放送局内INA-GRMにて電子音楽を学ぶ。 作品はNHK FM、Radio Franceにて放送。NHK放送技術研究所22.2ch立体音響とスーパーハイヴィジョン用の音楽、国立天文台4次元デジタル宇宙プロジェクトの映像音楽、 2012Tokyo Designers Week 全天周ドーム映像音楽など。2012年東京都写真美術館にて映像と音響によるSPACE LIVEをおこなう。 2009年リリースのCD『Virtual Resonance』(tepito-001/Te Pito Records)は、「磨き上げた鮮烈な響きの音像(CDジャーナル)」「雅楽とエレクトロニカ、現代音楽が交差した宇宙レベルのアンビエント(Beams Records)」などと評される。他CD『東方逍遥』(MAJ-501/作・編曲)など。